友達と共同生活を始めるにあたってお金を借りた

私は働き始めた頃に、職場で同僚として入ってきた女性と意気投合しました。

趣味や色々な部分も一緒だったり近かったりして、家も職場へ行く途中に私の家があり友達が毎日クルマで出勤していたので、拾ってもらって一緒に通勤したりしていました。

趣味がスキーで、冬の時期にはよくスキーに行っていた私たちが、一緒にスキーを楽しむようになり、よく週末の夜遅くに出発をしたりしたこともありました。

そこで、お互いの実家から通うと夜遅い時間にバタバタと準備をしたり、お互いの家に泊まって朝早くに家を出たりと大変だったこともあり、いっそのこと一緒に暮らしたら楽しいかも!という話になり、お互いの家から近いところでアパートを借りて暮らすことにしました。


車の免許取得の為に親からお金を借りた

私は高校時代にアルバイトをしてお金を稼いでいましたが、その大半は遊びに使ってしまいお金は全く貯めていないという日々を過ごしていました。

私は5月生まれなので同級生よりは早く免許を取る事が出来る状況でしたが、免許にかけるお金があれば友人と遊びたいと思っていました。

しかし親から高校を出る前に車の免許を取っておいた方が良いと言われ結局親からお金を借りて免許を取得する事に。

信用で成り立つ借金の世界

昔、学生の頃は大学生でもクレジットカードでキャッシングが出来て、私はその頃、まだお金の大切さや、怖さを知らなかったのでしょう。

生活費が無くなったらキャッシュカードから引き出す感覚でキャッシングをしてしまっていました。気づいたら、2万円程のキャッシングを支払期日までに引き落とし口座に残しておけず、そのままにしていました。

ある日、電話がなりまして、何かの勧誘かなと思いながらとると、そのカード会社からの電話。

友達に旅行費用のお金を借りたが返済を忘れてしまい・・・

 数年前、友達から沖縄に旅行に行こうと誘われました。

めちゃくちゃ行きたかったのですが、学生だったのであまりお金がなく、次のバイトの給料日までに旅費の支払いが間に合わない状況でした。

そこで、その友達から3万ほど借りました。旅行はとても楽しく、充実していました。

しかし、かなり仲が良く、家族のような友達だったのでお金を借りていることを忘れたまま僕は海外留学に行ってしまいました。

クレジットカードで買い物依存!親に正直に話すことに

私がお金を借りたのは20代の頃。

クレジットカードを作ってブランド品を分割払いで買えることを知った私は、初めてブランド物のお財布を買ったものを皮切りにプラダやルイ・ヴィトンのバッグ、スーツ、靴、化粧品などあらゆるものをカードで買っていました。

それこそ自分のお金という感覚がないまま何でも買える気になっていました。

カードローンも借金なのに。そんな生活をしていたら行き着く先は決まっています。そう、カード地獄です。

夫婦でパチンコにハマりキャッシングでお金を借りる

私と旦那さんは、結婚する前からそれぞれパチンコが趣味だったのですが、それでも結婚後は旦那さんの少ないお給料で2人生活しなくてはいけなかったので、2人とも我慢していました。

ある時、少しお金に余裕があったので、久しぶりに2人でパチンコに行きました。

当時は1玉1円のパチンコが出始めた頃で、少ないお金でも遊べるから良いだろうと、気楽な気持ちで行きました。

すると、調子良く2人とも出て、結果、勝つことが出来ました。

1玉1円なので、大きな勝ちではなかったものの、それでも味をしめた私達は、旦那さん休みの日には頻繁にパチンコに行くようになってしまいました。

一人暮らしからの同棲のための引越し代を彼氏から借りる

私は独身時代5年間ほど一人暮らしをしていました。

一人暮らしをしていく分の生活費などは自分の稼ぎでやっていましたが当時付き合っていた人(今の旦那さん)との結婚が決まったときにどうしても工面できなかったのが引越し代金だったんです。

不要なものを売ったとしてもたいした額にはならず、逆に引越しにお金が掛かるのでどうしようかと悩んでいました。

引越しも一人暮らしとはいえ、5年も生活をしていたらずいぶんと物が増えるわけで荷物量は二人暮らしくらいの量になってました。

このページの先頭へ